転売で失敗したジャンルの中で1番失敗した物はな~んだ?

転売で失敗したと思うのはコレだ!?

前回の記事では、失敗したと思うジャンルについて書きましたが、今回はその中でも更に失敗したと思う物を書いていきます。

↓↓↓前回の記事はコチラ↓↓↓

転売初心者が失敗しやすいジャンルはコレだ~私が失敗した体験談~

↑↑↑参考までに↑↑↑

さぁて、この可愛らしい女性(私)は何をやっちゃたのでしょうか???

もう一回言っておきますが、私は30過ぎのおっさんリーマンです。

可愛らしい女性ではありませんのであしからず・・・

スポンサーリンク
レクタングル 大




コレの仕入れには気をつけて・・・

引っ張っても仕方ないので、本題に入ります。

私が失敗したのは・・・・

です。

画像が靴に見えるかどうか微妙ですが・・・

靴ってのがもしかしたら以外かもしれませんが、靴には意外な盲点があります。

もちろん、靴自体に何か問題があるわけではありません。

その問題とは何でしょうか?

靴を仕入れて失敗したのは・・・・

失敗したと思う理由は、大きく分けて2つあります。

順番に見ていきましょう。

①送料がとにかく高い

何度かブログでも書いた事があるのですが、とにかく送料が高くつきます。

私が靴を仕入れる時は主に海外からですが、アメリカからだと1足あたり2000円近い送料がかかります。

これだけならまだ何とかなるのですが、ここからさらに国内での送料がかかります。

私は基本的に送料負担で販売しているので、商品の発送時も送料がかかるんですね。

靴だと、国内でも最低60サイズの発送となるので、これだけでも1000円以上はかかります。

つまり、国内と海外との発送で、1足あたり3000円以上の送料がかかります。

せっかく安く仕入れても、利益と送料と販売手数料などの諸経費を含めると、日本での販売価格とほとんど差がなくなるんですね。

つ・ま・り・・・

売れにくくなります。

とはいえ、売れないわけではありません。

リサーチさえしっかりしていれば、いつかは売れます。私のように。

しっかりとした販売スキルがあれば、全然売れると思います。私以上に。

ただ、送料が高い、ということだけ覚えておいてください。

②梱包材料代

これも、他の商品に比べると割高になります。

私のようにブランド物を扱っている場合、特にかかると思います。

値段が高い物はしっかりと梱包しておかないと、万が一って事もありますからね。

最低でも、防水加工を施し緩衝材を入れて、ダンボールに入れて発送。

これだけでも、単品買いだと500円近いぐらいの出費となります。

まとめ買いならもっと安く買うことが出来ますが、そんなにたくさんいらないんですよね。

小物だとプチプチで包んで封筒に入れて発送するだけなので、1商品あたり10円程度の出費で済みます。

それと比べると、本当に割高です。

とはいえ、梱包にそんなにこだわる必要はないんですけどね・・・

私の個人的な考えとして、良い物はちゃんと贈りたい、という考えがあるので、それなりにこだわって発送しています。

中には、新聞紙で包んで贈る方もいるみたいですが、私は信じられません。

購入する立場に立ってみると、ちゃんと梱包して欲しいですからね。

以上2つが靴が1番失敗したと思う理由です。

まとめ

もし靴を扱いたいと思っているなら、送料の事はしっかりと計算しておいて下さい。

特に、私のように海外から仕入れようとしている方は要注意です。

せっかく安く仕入れても、日本と値段が同じになるなら、あまり意味がありません。

それなら、違う商品で儲かる物を扱うほうが効率が良いです。

靴を扱うなら、私のように送料で失敗しない戦略を立てて挑みましょう。

私は、靴はいったん諦めます。

儲け最優先でいきたいですからね。

スポンサーリンク
レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大