AIRMAX(エアマックス)95 洗濯・漂白の方法 (メッシュ、シュータンなど・必要な材料も)

エアマックス95の洗濯方法

エアマックス95は非常に人気のスニーカーで、約2万円する高級?スニーカーでもあります。

特に人気のカラーは入手困難で、去年再販されたイエローグラデは全く買えませんでした。

足数は多かったみたいで、そこまで値段は跳ねていないので、プレ値で買ってもいいぐらいの値段ではあります。

もしこんなレアスニーカーを入手したなら、キレイに履いてあげたいですよね。

という事で、今日はエアーマックス95の洗濯方法について書いていきます。

履く時も、売る時も、キレイな方がいいですからね!

※最後に注意事項を書いています。参考にする場合はそこまで読んで頂けたらと思います。

エアマックス95洗濯方法

それでは本題に入っていきますが、実はエアマックス95は、スニーカー洗濯難易度レベルはかなり低めです。

ほとんど合皮が使われていない?ので普通にゴシゴシやっても大丈夫。

まあ限度がありますが、そこまで身構える必要はありません。

まずは必要な物を・・・

洗濯に必要な物

・洗濯用洗剤

・洗濯用漂白剤(酸素系)

・重曹

・歯ブラシ(柔らかめのがいいです)

・大きめのバケツ(横に広く、少し浅い物がベスト)

・ふろおけ

以上です。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、いちを私が使った物を載せておきます。

普段衣服の洗濯に使っている物でOKです。

それでは洗濯方法です。

洗濯方法を順番に・・・

いきなり洗剤でゴシゴシするのはNGです。

順を追って丁寧に洗っていきましょう。

①紐(シューレース)・インソールを外す

これは絶対です。

シュータンの汚れ、紐の汚れ、紐を通す穴の汚れをより落とすために必要です。

特に紐と穴の部分は隠れていますから、外さないと汚れが落ちにくいです。

また、インソールも別に洗った方がきれいにできるので、外してください。

ぬるま湯に洗剤を入れて、靴をつける

バケツにぬるま湯(40度ぐらい)を溜めて、その中に洗濯洗剤を入れます。

蓋のカップ1杯分程度でOKです。

手で混ぜたら、スニーカーをつけます。

※これ以降、全て40度程度のぬるま湯で行います。水よりもぬるま湯の方が汚れが落ちやすいと言われています。

③軽く手洗い

バケツの中でしっかりと水を含ませるように揉み洗いします。

その後、気になる部分を手でこする様に洗います。

今回は時に汚れのひどかった、メッシュ部分、シュータン、紐の穴、を重点的に手洗いしました。

実はこれだけで、結構汚れは落ちます。

買って一度も洗濯していない場合、大事に履いていて汚れてないように見えても、バケツの中の水が薄黒いように濁っていると思います。

シューレースやインソールも同じように

ふろおけに同じように薄めの洗濯液を作り、シューレース入れて手で揉み洗いします。

穴に金属が使われていないので、黒ずみとかはないと思うので、軽く洗うだけで落ちます。

気になる部分があれは、その部分をしっかりとこすって落とします。

インソールは揉み洗いしにくいと思うので、歯ブラシで表面を擦って洗いましょう。

白いインソールでない場合は、そこまで気になることは無いと思います。

④気になる部分は歯ブラシで

気になる部分は、歯ブラシに原液のままの洗剤を軽くつけて、直接ゴシゴシします。

先にも書きましたが、シュータン、メッシュ、紐穴はかなり汚れていたので、このように直接洗います。

あまり強くこするのではなく、軽く当ててこするだけで大丈夫です。

⑤軽い汚れの漂白

ふろおけに半分ぐらいぬるま湯を張り、そこに重曹と漂白剤を入れます。

重曹は手で一掴み程度、漂白剤はカップ2杯分。

まあ適当で大丈夫です。

しっかりと混ぜたら、これを気になる部分に塗ります。

歯ブラシに漂白液をつけ、直接汚れた部分に塗りこんでいきます。

今回は、シュータンと、メッシュ部分に直接塗り込みました。

画像だと分かりにくいのですが、結構茶色い汚れが付いています。

これぐらいの汚れなら、薄めの漂白でも落ちます。

しっかりと漂白剤を塗り込んだら、30分程度置いておきます。

あまり長い時間だとだめで、短すぎてもダメ、このあたりの加減が難しいです。

シューレースも同じように

同じように液体に付け、30分程度放置。

シューレースは他の物に変えることが出来るので、あまり神経質にならなくてもいいかもですね。

⑥強い汚れの漂白

今回はこの方法は使っていないのですが、もっと汚れが落ちにくい場合の漂白方法です。

小さい器に、漂白剤をカップ1杯程度入れます。

そこに、重曹を大さじ1杯入れます。

さらに、熱湯を大さじ1杯入れます。

これを歯ブラシで混ぜると、かない濃い漂白液が出来ます。

出来上がったら、そのまま汚れのひどい箇所に、ピンポイントで塗り込んでいきます。

塗り込んだら、サランラップなどで包みます。

しっかりと密封したら、上からドライヤーで熱風を当てます。

20センチから30センチ程度離し、物が熱変形しないように気を付けます。

30分程度したら、水洗いして完了です。

これで、かなり頑固な汚れも落とせます。

シャツの首回り、キャップのオデコ部分、食事汚れ、などにも使えました。

⑦最後の水洗いが重要

靴を水洗いする場合、手で揉み洗いするしかないのでかなり難しいのですが、時間をかけてしっかりと揉み洗いしてください。

何故かというと、洗剤の洗い残しがあると、白い生地の物が変色する可能性があるからです。

とにかく泡が出なくなるまで、手がぬるぬるしなくなるまで、しっかりと洗ってください。

水がもったいないので、なるべくバケツにためた水で何度も当たった方がいいと思います。

これで完了です。

⑧日陰の風通しの良い場所に干す

洗濯が終わったら、日陰の風通しの良い場所に干します。

変色する可能性があるため、日光に直接当てるのは良くないと言われています。

夏ならすぐに乾きますが、冬はなかなか乾かないので、中にタオルなどを入れておくのもいいかもしれません。

ドライヤーなどを使って強制的に乾かす場合は、熱変形しないように気を付けてください。

急ぐ可能性があるなら、予め靴用の乾燥機を買っておきましょう。

しっかりと乾燥させたら、シューレースを通して完成です。

お疲れさまでした。

ビフォーアフター

分かりにくいのですが、下記が洗う前の画像です。

ここからが、洗濯後の画像です。

ほんとわかりにくくて申し訳ないのですが、実物はかなりきれいです。

黒ずんでいたり、茶色い砂汚れ?みたいなのがあってかなり汚かったのですが、めちゃくちゃキレイになりました。

最後に注意事項です。

注意事項・まとめ

まずは全体の注意点を・・・

今回の方法は、私が個人的にやっている方法です。

靴によっては合わない事もあるかもしれませんので、参考にする時は自己責任でお願いします。

また、洗剤、漂白剤を使うときは、使用上の注意をしっかりと守ってください。

いかなる場合も責任は負えませんので、自己責任で。

次にエアマックスの注意点・・・

リフレクターの部分は強くこするとはがれてきます。ここは履いているだけでもちょっとずつはがれてきますが、こすりすぎには注意です。

つま先のツルツルの生地の部分も、こすりすぎると毛羽立ってきます。

ここも手洗いで優しく洗いましょう。

たわしとか固いものは使用しない方がいいと思います。

以上です。

エアマックスだけではなく色んな靴を洗いましたが、今の所、失敗、はありません。

ただ、全体が合皮で作られている靴は、歯ブラシよりもスポンジで軽くこすり、どうしても落ちないときは靴用の消しゴムを使った方がいいです。



こんなやつですね。

靴屋さんにも売っていますし、ネットでも買えます。

1000円もしないぐらいです。

ほとんどの場所に使えるので、合皮ならそっちの方が早いと思います。

安価な、と言ったら失礼かもしれませんが、あまり気にならない場合は、コインランドリーで靴用の洗濯機で回す方が時短になります。

これも何度が使ってみましたが、型崩れしたりなんてことはありませんでした。

ただ、手洗いの前に使う、ぐらいに留めておいた方がいいかもしれません。

最終的には、手洗いの方がキレイになります。

これで以上となります。

あまり難しく考えず、色々やってみて自分なりのベストを探してみてください。

良かったらレビュー記事も読んでみてください。

エアマックス95のアトモスとのコラボ商品、ジェイドカラーを購入したので、履き心地やサイズ感などをまとめておきます。幅広や甲高の人は是非とも参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大