大企業に転職!?書類審査の履歴書対策と、不合格確実なNG行為は?

転職ではまず書類審査から

大企業への転職(大企業だけではないですが・・・)では、ほとんどが書類審査から始まると思います。

つまり、履歴書ですね。

この履歴書ですが、重要な点がいくつかあります。

これは私が大企業に就職した際にチラッと聞いた話ですが、全ての企業にあてはまるかどうかはわかりません。

ですが、当たり前の事といえば当たり前な事なので、是非参考にしてみてください。

ちなみに履歴書の種類で、簡易的な履歴書、という物があります。

これはできればやめた方がいいです。

両開きの一般的な履歴書を使うようにしましょう。

※画像探したのですがなかったので省略します・・・

スポンサーリンク
レクタングル 大




履歴書での注意点

履歴書を書くとき、まず自分の名前を書きますよね?

その後に住所や生年月日など。

書き慣れた文字が並びますが、ここで油断してはダメですよ。

①自分の名前をないがしろにすると一発で落とされる可能性あり

学歴や職歴、志望動機などをキレイな字で書いても、自分の名前などの書き慣れた部分で手を抜くとバレてしまいます。

審査する人も同様に、まずは名前を見ます

漢字を略したりすると一発で落ちるかもしれませんので気をつけましょう。

ちなみに私が受けた企業は略字は一発アウト!

②誤字脱字は絶対ダメ

これは言うまでもなくアウトです。

私がいた企業でも一発アウト!

友人はこれで書類審査で不合格でした。

しかも、かなりの数の誤字脱字があったみたいです。

提出前に何度も確認しましょう。

③空欄はNG

特技欄や、その他希望などの所を空欄にする方が割りと多いみたいです。

何もないなら、頑張って捻り出すか、「特になし」と一言記入しましょう。

これは一発アウトまではいかないらしいですが、競合した場合負ける可能性があります。

例えば、どうしてもあと1人に絞りたい時、Aさんは記入していて、Bさんが未記入だとすると、それだけの理由でBさんが落とされる可能性もあります。

空欄はマイナス要素になっても、プラス要素になる事はありません。

必ず何か記載しましょう。

といっても、嘘はだめですよ。

後々、面接などでまずい事になるかもしれませんからね。

④給料や休暇など、具体的過ぎる事は書かない

極稀に、希望の欄等に、具体的な給料や休暇などの事を書かれる方がいるみたいです。

ちなみにこれはハローワークで聞いた話です。

ほぼ100%落ちるそうですので、絶対にやめましょう。

そもそも、希望というのはそういう個人的願望ではありません。

職種の選択が出来る場合や、勤務地や勤務時間の選択ができる場合などに希望を記載します。

⑤鉛筆やシャーペンはNG

一発アウトまではいかないと思いますが、プラスの印象はないと思います。

必ず黒のボールペンで記載しましょう。

インクペンはにじむ事があるので、やはりボールペンがいいと思います。

⑥書き直しはNG

極稀に、修正ペンなどで書き直して提出する方がいるみたいです。

私が聞いた話だと、ほぼほぼアウトだそうです。

また、訂正印を押すのも同様です。

「丁寧さは認めるけど、どうせなら新しいのを書いて出して欲しい」と採用の方がおっしゃてました。

やはり、書き直しは印象が良くはないですよね。

何度も間違えると、もういいか、なんて思うかもしれませんが、新しく書きましょう。

ちなみに、私は10枚以上は書き直したと思います。

本当にきつかったです。

まとめ

書類審査って、就職試験を受ける側にとっては非常に重要です。

何故なら、書類審査に合格しないと先に進めませんからね。

ですが、採用側からすると、そこまで重要ではないんですよね。

まだ会った事もない人を選別するわけですから、書類上で判断するしかありません。

つまり、振るい落としですね。

大企業などはかなりの人数が応募するでしょうから、その応募者全員を面接したり試験するわけにはいきません。

先ほど挙げたように、誤字脱字があるような人は、最初から審査対象に入らないという事なんですね。

書面上だけで判断できる事は、そこで済ましてしまいたいということでしょう。

大きい企業ほど、時間とお金がかかってますし、人事部の人も暇ではありません。

以上となりますが、もし書類審査で落ちる方は、もう一度見直して見てください。

ちなみにですが、字が汚いから、という理由で落とす事はあまりないようです。

ですが、手抜き字はダメです。

丁寧に書きましょう。

PR

企業を紹介してくれる求人サイト  人材ドラフト



就職活動をしている方を対象に、無料相談やセミナーなどを行っています。

探している企業をどんどん紹介してくれるのは人材ドラフト。

内定を勝ち取るための就活方法や面談対策など、なんでも相談に乗ってもらえます。

簡単WEB登録で、担当者からすぐに連絡。

私もハローワークで色々相談に乗ってもらいましたが、やはり自分だけでなく誰かにアドバイスをもらう事で有利になると思います。

まだまだ若いなら  若者正社員チャレンジ


脱・ニート、脱・フリーター、脱・ハケン、を掲げる若者正社員チャレンジ。

ゼロから正社員としての就職に挑戦する若者を応援する求人サイト。

カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などがあり、正社員として働く道を切り開くための求人サイトです。

実習期間中は最大10万円の奨励金制度もあります。

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界の求人なら   GEEKLY ギークリー



IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした求人情報サービスで、大手を中心に非公開求人数は2000以上。

ギークリー独占の求人案件も扱っており、大手サービスに劣らないサービス力を誇ります。

転職希望者のスキルや経験、職種経験をもとに、多角的に分析してマッチングを行えるのはギークリーの特徴であります。

また、エグゼクティブ求人では年収700万以上の案件を扱い、スキルのみならず、 転職希望者の経験を元に的確な転職支援を行えることが強みとなります。

スポンサーリンク
レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大