株初心者の私でも稼ぐことが出来た失敗しない投資方法

株取引はシンプルに考える事が大事

おはようございます。

今回初めて株についての記事を投稿します。

今まではネットビジネスを主に書いていましたが、買いたい株が動き始めたので・・・

私は株を本業にしているわけではないので、毎日毎日張り付いて見ているわけではありません。

とりあえず保有している株に関しては、ずっと放置しています。

私が株を買うときの基準は、とにかく上がると思った株を買います。

当たり前の事ですが、至ってシンプルです。

いちいち指数がどうとか、ゴールデンクロスがどうとか、全く見ていません。

私の中で、それはプロがやることであって、私のような素人には必要ありません。

では「上がる」という基準は何なのか?

それを私の経験を元に説明していきます。

スポンサーリンク
レクタングル 大




上がる基準は???

私が、株が上がる基準として考えているのは、2つあります。

どちらもある意味当たり前の事ではありますが、深く考えるとこういった株を買えないんですよね。

では2つの基準を見ていきましょう。

①ストップ高の株を狙い打つ

敬遠する方や、空売りで逆張りする方が多いみたいですが、ここは素直に「買い」です。

ただし、ただ買うだけではダメです。

私が買う時には、いくつか条件をつけています。

午後からS高に張り付いたままであること

・S高を付けるのが初日であること

・何かしらの材料があること or 全く材料がないこと

・ここ数週間で全く動きが無かったこと

この4つの条件をクリアした株のみを購入していました。

「ちょっと待てよ? S高張り付いたままだと買えないんだけど・・・」

そうです。買えるかどうか分かりません。

とりあえず、買いを入れておきます。

もしかしたら、順番が回ってきて買えるかもしれません。

それを狙っているわけですね。

これが、次の日になると、リスクが増えます。

何故初日限定なのかと言うと、二日目の午前中は比較的上がりやすいです。

つまり、もし株価が落ちるにしても、1度次の日の午前中に上げる可能性が高いので、初日を狙います。

これが2日目の午後になると、急激に下がる可能性があります。

負けないという、安全の為ですね。

ココからがちょっと重要なのですが・・・

材料があった場合と無かった場合の違いを説明していきます。

・材料があった場合

材料がある場合、一過性の材料と、継続的な材料とがあります。

例えば、株主優待で○○○、なんて材料は一過性の材料です。

もし今株価が上がっても、次の日にはすぐに下落する可能性が高いです。

何故なら、企業としての価値ではなく、株主に対する価値なので、業績にはなんら関係ありません。

本当の投資家は、こんなネタでは投資しないでしょうからね。

短期トレードをしている人が、安く買いすぐに売り抜けるパターンがほとんどです。

もしS高張り付いても、次の日にはすぐに下がる可能性が高いです。

継続的な材料というのは、例えばですが、○○○を子会社化、とか、○年○月に○○開始、など、企業的価値を上げ、利益をもたらすであろう材料ですね。

もちろん、これらが全て上がるかどうかはわかりませんが、上がりやすいというのは間違いないと思います。

こういった材料であれば、2、3日は上がる傾向にあるので、様子を見ながら買いで入ります。

・材料が無い場合

俗に言う「仕手株」の可能性が高いですね。

私は、こちらの方が稼ぎやすいと思います。

何故なら、こういった株は、半信半疑でどんどん値段が上がっていきますので、比較的買いやすいです。

確実な材料が出ていない以上、ここぞとばかりに売りも入りますからね。

売られながらどんどん上がっていきますので、比較的買い注文が入りやすいです。

しかも、空売りできる銘柄であれば、空売りした方からの買戻しでさらに踏み上げる可能性もあります。

注意点としては、こちらも初日でなければリスクが高くなります。

一気に上げて、一気に売りぬかれるというリスクがありますから、やはり初日が勝負です。

ここまで、至って当たり前かつシンプルな事を書いてきましたが、ある程度知識がつくと、深く考えすぎて買えなくなっちゃうんですよね。

S高をつけた株は、次の日も上がる可能性が高い

シンプルイズベストです。

続いて2つ目の上がる基準です。

②長い目で見て狙い打つ

これも当たり前の事です。

株を稼ぐ目的でやっていると、何ヶ月、何年も待てない人がほとんどだと思います。

塩付けってやつですね。

資金を眠らしておくともったいないと言う人が多いです。

しかし、長期的に見て上がる株はたくさんあります。

例えば、○年○月○○を○○、のような材料が発表されたとします。

未来のことなので、一時は株価も上がりますが、すぐに元の値に戻ります。

しかし、その未来には必ず株価が上がると思いませんか?

だって、発表されただけで上がるなら、実際にその時に上がらないわけがありません。

分かりやすく例えると、医療系の株が特にその傾向が強いです。

○年に○○開始、なんて発表されると、すぐに跳ねます。

しかし、すぐにほとんど元の値段に戻ります。

では、その○年に向けて安いうちに買っておけば、また何かしら発表された時に上がりますので、その時に売れば良いのです。

私もいくつか保有していますが、徐々に上がり始めて来ました。

短期的な取引はすぐに利益をもたらすので稼いだ感がありますが、やはりリスクは高いです。

何故なら、短期的に上がった株のほとんどは値段を下げます。

長期的に見て上がった株というのは、下で支えてくれる株主さんが多いので、底値が下がりにくいですね。

まとめ

ここまでかなり当たり前の事を書いてきましたが、稼ぐには当たり前の事が1番重要です。

私も原点に帰って、現在はまったりと取引をしています。

来月ぐらいからは、商品仕入の資金を株の方に回して、一年ぐらいは放置したいと思っています。

一年後となるとなかなかの取引額になると思うので、未来を楽しみに投資したいと思います。

株の本質は、企業を支える事を目的としています。

私の資金が少しでも企業の役に立ちますように・・・

スポンサーリンク
レクタングル 大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル 大